転職の際の求職活動は、在職中が良い?退職後が良い?

転職活動は、時間がかかる!

 

 転職を考えるときに、再就職先を見つける事は簡単なようで簡単ではありません。自分がどのようなキャリアを積んできて、生かせる職場があるのかどうか?などを明確にしていくことも大切ですし、面接を受ける事になれば、時間も必要になります。面接を何回も受けたことがある方ならば実感していると思いますが、面接に行くとなれば準備もそれなりに必要で、意外と労力をつかうものです。

 

収入がゼロになる不安は無い方が良い!

 

 在職中の求職活動が難しいと感じるかたもいるかもしれません。転職を考える人の多くは在職中に探している事が多く、全体の約7割程度です。理由としては、何と言っても収入がゼロになってしまう事が不安であるという事です。また、面接までの時間、面接後の否可の結果が出るまでの時間は思っているよりもかかる事があり、1か月や2か月で決まらない事が多いです。生活面の不安を抱えてしまうと、妥協をしてしまって良い職場への就職が出来ない事があります。

 

 しかし、在職中の場合は仕事もしっかりとこなさなければならないため、就職先が見つかるまでは精神的負担も大きいです。精神的に耐えられるだけの気持ちで転職活動をスタートさせることが大切です。