40代と20代との転職活動の違い

40代を迎えましたが、今の会社を辞めて他の職場に移ろうかと思っています。20代の時に一度転職経験があるのですが、当時のままのアプローチでは不十分だと思っています。20代の転職活動とは、具体的にどのように異なってくるのでしょうか?


 質問者の考えている通り、年齢ごとに転職活動のアプローチは異なってきます。20代の場合、地位・役職などはあまりアピールできないことが多いでしょう。新卒ほどではありませんが、まだ職務経歴も浅いので具体的に語ることができない部分が多くなってきます。その分、可能性や熱意などを伝えていって、企業にアピールをしていく、ということに力を入れていくことになります。

 40代の場合、すでに何かしらの役職を身につけていることでしょう。自分が指揮して成し遂げたプロジェクトや、若い人にはないスキル・知識などもあるはずです。持っているスキルが異なってくれば、転職活動でのPR方法も当然変わってきます。

 

 40代を採用したいと思っている企業は、長年のキャリアに裏打ちされた確実なスキルや、管理能力などを求めています。もちろん、企業規模や募集している部署によっても求めている事柄は変わってくるでしょう。応募する企業がどのような人材を求めているのか、という分析は年代にかかわりなく入念に行う必要があります。

 

 「企業のニーズにこたえるために自分は何ができるのか」、という部分が年代によって異なってくるわけです。