転職活動をスタートさせる時、求人応募する会社は「3社未満」が7割

 転職活動をスタートさせた時に応募する求人の数は「3社未満」にする人が7割近い事がわかっています。bizmash!by@niftyビジネスにて、2013年4月26日から5月7日にかけて、インターネット上で980人から調査した回答が出されました(BroadBankの公表)。

転職活動を開始する時には希望の条件から選ぶ人が多い

 応募する会社は「3社未満」という人が68パーセントと最も多い回答でした。まずは条件にあうものだけを絞り込んで応募している人が多いという事がわかっています。はじめは条件にあう会社にだけ応募して、結果しだいで次の会社に応募するかどうかを決めているという状態です。

 

 次いで「3社から4社」が12パーセント、「5から9社」が10パーセント、「20社以上」が7パーセント、「10から19社」が3パーセントという結果になりました。求人の条件としては、完全週休二日制・退職金制度あり・転勤なしなどを希望する人が多いのが分かっています。

 

希望条件に加えて、会社が求めている能力を提供できるか調べてみる

 40代で転職活動を始める場合、20代・30代と比べると転職しにくいと言われています。その分経歴や身につけたスキルなどを説明できることが大切になってくるでしょう。この点を考えると応募する会社を絞り込む時には、希望条件に加えて、会社から求められている能力を発揮できるかを考慮しておけば、転職を成功させる可能性を高められるのではないでしょうか。

 


40代転職|求人サイト口コミランキング