50歳の転職は謙虚な気持ちで

 ビジネスの世界で50歳といえば間違いなくベテランの域です。一つの業界で頑張り続けている人であれば技術であれ、人脈であれ、勤める企業の大きな財産となって社会人人生のラストスパートをエネルギッシュにひた走っている時期でしょう。しかし何事も順風満帆とはいかないのが人生です。突然勤め先が倒産してしまうことも今の時代、珍しいことではありません。また、健康を一時的であれ崩し、一旦は退職しなければならないというケースも意外と多いのです。

高すぎるプライドは邪魔なだけ

 50歳の転職において肝心なことは「高すぎるプライドを持たない」こと、つまり「謙虚な気持ち」で転職活動に臨むということです。自分に自信を持つのは大切なことです。自信の無い50代など、受け入れたいと考えている企業は皆無でしょうから。しかしその自信もいきすぎれば邪魔なプライドとなってしまうのです。例え高い能力を持っていたとしても、邪魔で高すぎるプライドを持つ人を企業は敬遠します。そんな人は既存社員とうまくやっていくことができず、結果的に企業にマイナスの作用を及ぼしてしまうと考えられるからです。

 

 

謙虚な姿勢が何より大切

 50歳の就職希望者に対しては、企業はいろいろな物を求めます。技術や人脈だけでなく、自社に入社してもらうことによって他の社員へのプラスな作用がどのくらいあるか、後身の指導を任せられるか等々、想像以上に大きな期待を寄せられることになるのです。それらを面接官に最大限アピールするために必要なのが「謙虚な姿勢」なのです。余計なプライドはいりません。気持ちも新たに、就職先企業に尽くす、という姿を見ることが何よりも大切です。

 


転職サイト50歳|シニア層向け転職サイト口コミランキング