フリーターが就職するための処方箋

 フリーターとは、日本では正社員、正職員以外の就労形態で働く人をさしています。調査によると、30代後半のフリーターはないという意見が70%以上ありますが、フリーターが増加した背景には日本の雇用情勢の変化があります。正社員枠が減少している日本では、正社員として働きたくても、年齢や経験のバランスから正社員になれずにしょうがなくフリーターをしている人も多く存在しています。

それぞれの事情

 これまで就業経験があり、かつ35歳まででフリーターをしている場合には、まだ正社員として就職できる可能性が残っていますので、これまでの自分の経験を棚卸してみると良いでしょう。そして、希望する最低限の条件を書きだして、ネットを中心に情報収集を行います。ハローワークやジャブカフェ、就職情報誌などをこまめにチェックするのも良いですし、就職に有利な資格を取得して就職することも可能です。また、40代のフリーターの場合、正社員就職が難しくても、従業員の離職率が高い企業には就職せずに契約社員なども視野にいれて、できるだけ長期的に勤務できる企業を選択することが大切です。

 

就業経験がないフリーター

 しかし、大学卒業後に社会人としての就業経験がなくフリーターをしている場合には、若いうちにジョブカフェや若者ハローワーク、ジョブステなどを訪問して就職相談をしてみると良いでしょう。

 

まとめ

 フリーターの場合は、今は生活がなんとかなっているから良いのではなく、5年後、10年後までの人生を想像してみることも大切です。今や人生は70年、80年の時代の長寿時代になっていますが、加齢とともにお金がかかるものです。人生後悔のないようにしたいものです。

 

 


フリーターから就職するための求人サイト情報