初めての転職は、倒産によるものというヘヴィーな理由でした。

 

 元々給料払いが滞っていたり、上司の方の給料は何割かカットされているとは噂されていたのですが、ある朝会社に行ったら「社長がいなくなった」とだけ噂が流れ、会社に入れない状態に。

続きを読む≫ 2013/09/07 17:49:07

 転職を希望している人の50%は、TOEICを受験したことがあるとのアンケート結果がでているそうです。マイナビニュースによると、「英語の英語の使用状況関する調査(パソナキャリアカンパニーによる)」を用紙記入で調査したところ、643件の回答のうち約半数がTOEICを受けたと回答しました。

続きを読む≫ 2013/07/19 15:32:19

 まだまだ暗雲垂れ込める中途採用、要するに転職市場においてますますその厳しさを予感させる中高年者層ですが、今回は特に50代の転職事情についてどのようになっているのか、ネットから検索してみます。そのニュースは冒頭、不正経理処理問題が明るみになったオリンパスの経営縮小策について言及しています。携帯電話やスマホのカメラ機能が充実していく中で、同社の2万円以下の小型デジカメの在庫過多現象が起きており、この販売を中止するというものです。これにより当然生産拠点は5から2つの拠点に縮小することになり、そこで働いている特に50代のサラリーマンがリストラされるのではないかという懸念がテーマになっています。

続きを読む≫ 2013/07/17 14:10:17


 特にここ数年の雇用事情は、大企業のリストラ、新卒採用の縮小や取り止め、派遣社員等の雇い止め等、就職氷河期の時代の中で多くの求職者は右往左往してきました。

 

 一生懸命就活しているけれどなかなか採用の返事がもらえない。でも生活していかなければならない。いつまでも親に頼ってなんかいられないし、働かざる者喰うべからず、ともいうし、とにかく働かなければ…ということで、やむを得ずフリーター生活をしている人たちが大勢います。

続きを読む≫ 2013/06/07 15:44:07


 2013年の春に卒業した新卒者の就職率は前年を上回るものでした。大卒のそれは2年連続で前年を上回り、高卒は3年連続という結果です。いずれも昨年の2012年春の就職率は上昇したということですが、その年は、大企業が多くの中高年者を大量リストラした時期でもありました。明暗が分かれた一年といえましょう。

続きを読む≫ 2013/06/07 15:44:07


 フリーターからの就職を目指すには様々な方法がありますが、まずは気持ちが大事です。就職するんだ、という気持ちを持つ事、自分はやればできるんだ、という自信を持つ事。この二つがあれば、どんな面接でも怖くありません。心が折れてしまいそうな就活もありますが、そこでも完全に折られてしまわずに再起することができます。

続きを読む≫ 2013/06/07 15:44:07

40代を迎えましたが、今の会社を辞めて他の職場に移ろうかと思っています。20代の時に一度転職経験があるのですが、当時のままのアプローチでは不十分だと思っています。20代の転職活動とは、具体的にどのように異なってくるのでしょうか?


 質問者の考えている通り、年齢ごとに転職活動のアプローチは異なってきます。20代の場合、地位・役職などはあまりアピールできないことが多いでしょう。新卒ほどではありませんが、まだ職務経歴も浅いので具体的に語ることができない部分が多くなってきます。その分、可能性や熱意などを伝えていって、企業にアピールをしていく、ということに力を入れていくことになります。

続きを読む≫ 2013/05/20 11:30:20

九州地方に住んでいるのですが、県内で転職をしようと思っています。何かおススメの転職サイトはありますでしょうか?


 地方で働きたい、という方におススメの転職サイトは、リクルートが2009年に作ったばかりのサービス「はたらいく」です。リクルートの転職サービスと言えば、「リクルートNEXT」を思い浮かべる方も多いかもしれません。一つのグループで異なるサービスを提供しているのですから、当然異なる特徴を備えています。

続きを読む≫ 2013/05/20 11:30:20

転職サイトって沢山有ってどのサイトに登録したら良いか迷うのですが、何か参考になる選び方有りますか?


確かに現在、転職サイトはネットでも沢山目にすることができて迷うのも当然です。転職サイトごとに特徴やメリットがあるのでそれを見極めて自分に合ったサイト選びが最善の方法であることをまずオススメします。

 

 パッと見て魅力的に思うのは求人数の多さかもしれませんが、「その転職サイトを使って登録者がどの様に企業にアプローチすることが可能なのか」その方法に関してもそれぞれのサイト毎に違いが有りますので注目すべき点となります。また、転職サイトを大きく分類すると検索型と紹介型の2つのタイプに分かれている事をご存知ですか? どちらが自分の置かれている状況や性格に合っているかにもよりますが、少なくとも両タイプから一つずつの転職サイトを試してみると使い勝手の違いが見えて来ます。

続きを読む≫ 2013/05/20 11:30:20