中高年の就職サイト情報ガイド

中高年の転職状況

 中高年で転職を考える場合、転職市場の厳しさを覚悟する必要があります。転職市場では、上場企業では、今後の在職年数や組織構成上若年層を採用したい企業が多いため、中高年が活躍できる転職市場は、人手が足りない中小企業に可能性がありますが、求人数は若年層と比較すると驚くほど少ないです。中高年の転職市場では、「即戦力」として限られた分野での専門性が求められる傾向が高いだけではなく、現状の賃金よりいい条件で転職できることは少ないと考えたほうがよいでしょう。

 

中高年で転職するために必要なこと

大学中退就職

 中高年の転職は、「即戦力」を前提に企業は採用しますので、自分はプロとして採用されるという意識が必要です。また、転職活動が長期化するために精神的に弱ることもありますので健康管理も大事です。中高年の転職は、給与や勤務時間、勤務地や会社規模などの企業情報をできるかぎり集めてじっくり検討して選択基準を明確にすることです。求人雑誌や転職情報サイト、転職活動日記、転職活動ブログ、転職サイトや求人情報誌だけでなく、非公開求人を扱う転職エージェントからも情報収集することが転職には必要です。


転職支援サイトを利用する利点

 中高年が転職する場合には、中高年が転職できる求人を扱っている転職支援サイトを利用することです。転職支援サイトでは、正社員に特化した求人情報を紹介して転職活動から入社まで無料で指導を行ってくれます。キャリアコンサルタントは、スキルや経験を分析して転職できる企業を紹介してくれるだけではなく履歴書や職務経歴書の書き方から面接の応答の仕方など指導をしてくれますので、公募と比較しても書類通過率が上がります。また、サイトでは扱えない非公開求人を紹介してくれることもあります。

 転職を希望する場合、自分の売り込み方を考える事で、自分に有利に転職を進める事ができます。他の人と差別化をはかり、自分を売り込む事を考えて、転職先に自分を知ってもらいましょう。

 

 まず転職する会社にとって良い人材を確保したい事は当たり前の事です。履歴書、職務経歴書は基本的な事であり、キャリア、スキル以外の事も採用に大きな影響を及ぼします。

 

 また転職先の会社には社風がありますが、その社風に馴染める人間かどうかも面接で見られるポイントになります。人間関係は仕事を円滑にする事に大変重要なものなので、面接の時点でも重要視されるようです。

 

 このようなニーズに答えるように、自己PR書を用意して提出するのも、他の方と差をつける事になるのでやってみると良いでしょう。やる事でマイナスになる事はないので、相手に好印象になる事は進んでやるといいですね。自分を売り込む事考えて、自己PR書を書きましょう。履歴書や職務経歴書以外にこのような書類を提出する事で、面接の受け答えもスムーズにできるようになるはずです。

 

【Pick Up】
50代の転職について
50代で転職を考えている方集合!

 

総務省|関東管区行政評価局|関東管区行政評価局

 

 熱意は必ず伝わるので、自己PRに力を入れる事は決して無駄になる事はありません。また面接官に印象を残せることも大切な事ですが、自己PR書のアイデアは十分相手に印象を残すことができるでしょう。他にも自分を売り込むアイデアはあるので、自分なりのやり方を考えるのもいいでしょう。

 

続きを読む≫ 2014/05/08 17:28:08

 現場仕事をずっとしていて事務に仕事に転職しました。事務の仕事は今回が初めてなのでワードやエクセルもあまり出来ません。事務の仕事は今回は派遣登録をして見つけました。

続きを読む≫ 2013/12/27 12:05:27 コラム

 結婚して専業主婦になりました。当時、子供もいなかったのでそろそろ仕事を探そうと地元の求人サイトで探し、何社か面接をするが全部不採用でした。なかなか見つからずもやもやしていましたが、データ入力の短期の募集のバイトで面接に行きました。

続きを読む≫ 2013/12/27 12:04:27 コラム

 転職を決意した方は、何らかの理由があってそのような判断をしたと思いますが、いったいなぜ転職を決意したのでしょうか。

続きを読む≫ 2013/12/27 12:03:27 コラム

 私は30代の会社員です。転職は2度経験しました。転職ってなんか悪いイメージないですか?確かに世の中の信用問題上同じ仕事を長くしていた方が社会的信用は得られるかもしれません。

続きを読む≫ 2013/12/27 11:59:27

 今、転職しようと、転職サイトを探されている方も大勢いらしゃる事と思います。何を基準にして転職先を探すか、お金、やりがい、勤務地とかいろいろな選定基準があると思います。私も40代前半で転職しました。転職サイトではなく知り合いを通じて転職先を探しました。

続きを読む≫ 2013/12/27 11:55:27

 現在はそれほどでもありませんが、その昔、外資系企業に就職するというのは一種のステータスがありました。英語が流暢に話せる(これは日本人にとってまだまだ尊敬の対象とななり得ますが。)、完全能力主義社会で働き続けることができる(つまり能力がある)、そして何といっても高給取りというイメージ。

続きを読む≫ 2013/12/27 11:51:27

 あまり転職回数が多いというのも褒められたものではないのですが、私には六回の転職経験があります。

 

 その中でも珍しいと思われるのが海外での転職体験です。

 

 49歳の頃に駐在員として中国で仕事をしていたのですが、どうも中国の空気が肌に合ってしまったのか、帰任の命令が出ていたにも関わらず、私はそれを断って退職して中国で転職活動をしたのです。

 Precident onlineによると限定正社員制度の是非についての記事が掲載されています。今後、この制度が導入されたとしたなら限定正社員制度を利用した求人が多くなるでしょう。

私は20代から30代の時に営業の仕事へ転職経験がありますが、転職するのってエネルギーがかなり必要だったな、と思います。
その時の職場に対する不満や自分のやりたい仕事、やりがいなどと天秤をかけると、そのまま転職しない方がいいのかと悩んだこともありました。