中高年の就職サイト情報ガイド

中高年の転職状況

 中高年で転職を考える場合、転職市場の厳しさを覚悟する必要があります。転職市場では、上場企業では、今後の在職年数や組織構成上若年層を採用したい企業が多いため、中高年が活躍できる転職市場は、人手が足りない中小企業に可能性がありますが、求人数は若年層と比較すると驚くほど少ないです。中高年の転職市場では、「即戦力」として限られた分野での専門性が求められる傾向が高いだけではなく、現状の賃金よりいい条件で転職できることは少ないと考えたほうがよいでしょう。

 

中高年で転職するために必要なこと

大学中退就職

 中高年の転職は、「即戦力」を前提に企業は採用しますので、自分はプロとして採用されるという意識が必要です。また、転職活動が長期化するために精神的に弱ることもありますので健康管理も大事です。中高年の転職は、給与や勤務時間、勤務地や会社規模などの企業情報をできるかぎり集めてじっくり検討して選択基準を明確にすることです。求人雑誌や転職情報サイト、転職活動日記、転職活動ブログ、転職サイトや求人情報誌だけでなく、非公開求人を扱う転職エージェントからも情報収集することが転職には必要です。


転職支援サイトを利用する利点

 中高年が転職する場合には、中高年が転職できる求人を扱っている転職支援サイトを利用することです。転職支援サイトでは、正社員に特化した求人情報を紹介して転職活動から入社まで無料で指導を行ってくれます。キャリアコンサルタントは、スキルや経験を分析して転職できる企業を紹介してくれるだけではなく履歴書や職務経歴書の書き方から面接の応答の仕方など指導をしてくれますので、公募と比較しても書類通過率が上がります。また、サイトでは扱えない非公開求人を紹介してくれることもあります。

 

 

関連情報
中卒就職実現への道※最新版
厳しい中卒の就職を支援する!

転職活動は、時間がかかる!

 

 転職を考えるときに、再就職先を見つける事は簡単なようで簡単ではありません。自分がどのようなキャリアを積んできて、生かせる職場があるのかどうか?などを明確にしていくことも大切ですし、面接を受ける事になれば、時間も必要になります。面接を何回も受けたことがある方ならば実感していると思いますが、面接に行くとなれば準備もそれなりに必要で、意外と労力をつかうものです。

 

収入がゼロになる不安は無い方が良い!

 

 在職中の求職活動が難しいと感じるかたもいるかもしれません。転職を考える人の多くは在職中に探している事が多く、全体の約7割程度です。理由としては、何と言っても収入がゼロになってしまう事が不安であるという事です。また、面接までの時間、面接後の否可の結果が出るまでの時間は思っているよりもかかる事があり、1か月や2か月で決まらない事が多いです。生活面の不安を抱えてしまうと、妥協をしてしまって良い職場への就職が出来ない事があります。

 

 しかし、在職中の場合は仕事もしっかりとこなさなければならないため、就職先が見つかるまでは精神的負担も大きいです。精神的に耐えられるだけの気持ちで転職活動をスタートさせることが大切です。

続きを読む≫ 2014/12/09 16:15:09

 現場仕事をずっとしていて事務に仕事に転職しました。事務の仕事は今回が初めてなのでワードやエクセルもあまり出来ません。事務の仕事は今回は派遣登録をして見つけました。

続きを読む≫ 2013/12/27 12:05:27 コラム

 結婚して専業主婦になりました。当時、子供もいなかったのでそろそろ仕事を探そうと地元の求人サイトで探し、何社か面接をするが全部不採用でした。なかなか見つからずもやもやしていましたが、データ入力の短期の募集のバイトで面接に行きました。

続きを読む≫ 2013/12/27 12:04:27 コラム

 転職を決意した方は、何らかの理由があってそのような判断をしたと思いますが、いったいなぜ転職を決意したのでしょうか。

続きを読む≫ 2013/12/27 12:03:27 コラム

 今、転職しようと、転職サイトを探されている方も大勢いらしゃる事と思います。何を基準にして転職先を探すか、お金、やりがい、勤務地とかいろいろな選定基準があると思います。私も40代前半で転職しました。転職サイトではなく知り合いを通じて転職先を探しました。

続きを読む≫ 2013/12/27 11:55:27

 Precident onlineによると限定正社員制度の是非についての記事が掲載されています。今後、この制度が導入されたとしたなら限定正社員制度を利用した求人が多くなるでしょう。

 初めての転職は、倒産によるものというヘヴィーな理由でした。

 

 元々給料払いが滞っていたり、上司の方の給料は何割かカットされているとは噂されていたのですが、ある朝会社に行ったら「社長がいなくなった」とだけ噂が流れ、会社に入れない状態に。

 転職を希望している人の50%は、TOEICを受験したことがあるとのアンケート結果がでているそうです。マイナビニュースによると、「英語の英語の使用状況関する調査(パソナキャリアカンパニーによる)」を用紙記入で調査したところ、643件の回答のうち約半数がTOEICを受けたと回答しました。

 まだまだ暗雲垂れ込める中途採用、要するに転職市場においてますますその厳しさを予感させる中高年者層ですが、今回は特に50代の転職事情についてどのようになっているのか、ネットから検索してみます。そのニュースは冒頭、不正経理処理問題が明るみになったオリンパスの経営縮小策について言及しています。携帯電話やスマホのカメラ機能が充実していく中で、同社の2万円以下の小型デジカメの在庫過多現象が起きており、この販売を中止するというものです。これにより当然生産拠点は5から2つの拠点に縮小することになり、そこで働いている特に50代のサラリーマンがリストラされるのではないかという懸念がテーマになっています。


 特にここ数年の雇用事情は、大企業のリストラ、新卒採用の縮小や取り止め、派遣社員等の雇い止め等、就職氷河期の時代の中で多くの求職者は右往左往してきました。

 

 一生懸命就活しているけれどなかなか採用の返事がもらえない。でも生活していかなければならない。いつまでも親に頼ってなんかいられないし、働かざる者喰うべからず、ともいうし、とにかく働かなければ…ということで、やむを得ずフリーター生活をしている人たちが大勢います。